iNetSec SF

様々なリスクのある端末をネットワークから遮断するセキュリティ対策製品です。
iNetSec SF

セキュリティリスクを検知し遮断

iNetSec SF(アイネットセック エスエフ)は、様々なセキュリティの観点で、リスクのある端末をネットワークから遮断する、 リスク対処のセキュリティアプライアンス製品です。

inetsec_main_img.jpg

製品の特長/サービスの特徴

inetsec_img_001.png

ネットワーク接続機器の見える化・不正接続端末対策

IT機器の「見える化」
見つけた機器を管理
利用申請機能
  • 未登録の機器から直接利用申請が可能です。
  • 申請後の管理者はWebブラウザか、メールで承認。メールで利用申請を承認する場合、管理者は申請 メールに返信するだけで承認できます。
Active Directory認証による本人確認
  • ネットワーク利用申請時に、Active Directoryと連携しユーザー認証を行うことが可能です。
  • なりすましを防止し、利用者と利用機器を紐づけた管理が可能です。
長期未接続機器の検知
  • 最終検知日から一定期間、接続のない機器を自動 抽出します。
  • 常に現状を反映した機器の管理が可能です。
IT資産管理ツール連携
  • IT資産管理ツールのエージェント導入徹底や、ツールだけでは把握が難しい機器の情報を補完し、漏れのないIT機器管理を実現します。
問題がある機器をネットワークから遮断

「標的型サイバー攻撃」のリスクを対処

内部侵入を検知して対処
標的型サイバー攻撃振る舞い検知
  • ネットワーク内の通信を監視し、標的型攻撃で使用される遠隔操作型マルウェア (RAT型)に加え、自己拡散型マルウェアの活動も検知し、感染が拡大する前に該当端末を遮断することで、被害を局所化します。
  • 検知対象が通信の振る舞いであるため、亜種のマルウェアや未知のマルウェアにも効果を発揮します。
  • 富士通株式会社の「IPCOM EX/EX2シリーズ」と連携し、「iNetSec SF」が検知したマルウェア情報を基に、「IPCOM EX/EX2シリーズ」で攻撃者サーバへの通信を遮断する事も可能です。
  • ※本機能を使用するには別途「標的型サイバー攻撃振る舞い検知セグメントライセンス」が必要です。

サイバー攻撃対策製品との連携
  • 他製品のサイバー攻撃検知情報を基に、「iNetSec SF」がリスクのある端末を遮断します。

「脆弱性」のリスクを対処

脆弱性の対処漏れを見逃さない
脆弱性検査
  • 端末にインストールされた iNetSec SF脆弱性検査エージェントが端末の脆弱性を検査します。
  • ネットワークに接続されたすべてのWindows端末の脆弱性の状況を把握する事が可能です。
  • 端末遮断機能と組み合わせることで、脆弱 な端末をネットワークから遮断し、パッチ適用の徹底が可能です。
  • ※本機能を使用するには別途「脆弱性検査セグメントライセンス」が必要です。

検査項目
対象OS Windows®
検査項目 Windowsセキュリティパッチ
Officeセキュリティパッチ
アプリケーションパッチ※1
ウイルス対策ソフト
指定ソフトウェア導入状況
ファイアウォール設定状況

※1 Adobe Reader, Adobe Flash Playerなど

iNetSec Inspection Center 連携で、より幅広い項目をチェック
  • OSが異なる様々な端末に対応。脆弱性だけでなく 幅広い項目のチェックが可能です。

「アプリケーション」のリスクを対処

利用アプリケーションを把握
アプリケーション監視
  • 通信の振る舞いを監視し、SNSやオンラインストレージなど、業務で利用を禁止しているアプリケーションの利用を検知します。
  • 端末遮断機能と組み合わせることで、セキュリティーポリシーの統制と情報漏えい対策の強化を実現します。
  • ※本機能を使用するには別途「脆弱性検査セグメントライセンス」が必要です。

製品紹介PDF
情報参照元:株式会社PFU『iNetSec SF システムサイト』

同ジャンルのサービス

Create Customer's Satisfaction

お客様の満足度を追求し続けています。

お問い合わせフォーム

043-213-8881(代表)